セミナープログラム

ご参加登録の受付は終了いたしました。

  • 通訳あり通訳あり
Track A Track B Track C Track D
10:30-12:10
ご挨拶
ファイア・アイ株式会社
プレジデント 西村 隆行
基調講演
世界、日本を取り巻く最新脅威とインテリジェンス主導のセキュリティ
FireEye Inc.
グローバル・サービス&インテリジェンス担当
エグゼクティブ・バイス・プレジデント John Watters(ジョン・ウォッターズ)
基調講演
東京2020大会に向けたサイバーセキュリティの取り組みについて
日本電信電話株式会社
新ビジネス推進室
統括部長 舘 剛司 様
12:30-13:10
スポンサーランチセッション
ランサムウェアに負けない働き方改革!生産性とセキュリティの両方を高めるシステムとルール作りとは
丸紅情報システムズ株式会社
デジタルアーツ株式会社
スポンサーランチセッション
セキュリティ対策製品の導入課題を解決!ネットワーク運用をも簡素化できる最新技術とは
Gigamon Inc. / マクニカネットワークス株式会社
スポンサーランチセッション通訳あり
今、必要なIoTセキュリティ対策! すべてのデバイス可視化による脆弱性把握とインシデントレスポンスの強化に向けて
フォアスカウト・テクノロジーズ株式会社
スポンサーランチセッション
マルウェア感染「後」のセキュリティ対策~検知・対処の「自動化」で被害拡大を防ぐ~
アルプス システム インテグレーション株式会社
13:20-14:00
ファイア・アイ セッション
アラートに頼らない検知! インテリジェンスを活用した脅威のハンティングとは
ファイア・アイ株式会社
FireEye as a Service
フォレンジック・インベスティゲータ
野崎 喜裕 (理学博士)
ファイア・アイ セッション
最近の脅威トレンドから考えるエンドポイントセキュリティ要件  〜被害を最小限抑えるために必要なこと〜
ファイア・アイ株式会社
技術本部
シニア・システムズ・エンジニア 清水 雅史
14:10-14:50
スポンサーセッション
グローバル経営におけるリスクマネジメント~サイバー攻撃への耐性をもつ組織やICTとは~
NTTコミュニケーションズ株式会社
スポンサーセッション
APTサイバー攻撃のインシデントレスポンスにおける「躓き(つまづき)の石」 ~APT事案事例をもとに、サイバー救急センター長が解説
株式会社ラック
15:00-15:40
ファイア・アイ セッション
「侵害に備えた事前準備体制の構築と事後対応」~インシデントレスポンス、侵害調査、レッドチーム~
ファイア・アイ株式会社
マンディアント・サービス本部
プロジェクト・マネージャー
井口 尚
ファイア・アイ セッション
セキュリティ運用の単純化、統合化、自動化 〜サイバー攻撃に効率的かつ効果的に対応できるセキュリティ運用を考える〜
ファイア・アイ株式会社
技術本部
部長
寺田 大地
16:15-17:35
お客様事例講演
感染に学ぶファイア・アイを活用したランサムウェア対策
霧島ホールディングス株式会社
管理本部 システム管理課
堀之内 茂幸 様
特別講演
日本を取巻くサイバー攻撃の趨勢と現状 脅威インテリジェンスを中心として
経済産業省
大臣官房サイバーセキュリティ・情報化審議官 伊東 寛 様
  • ※セッション内容は、予告なく変更となる場合がございますので、ご了承ください。
$form:hidden$