損保ジャパン日本興亜DC証券
ライン

TOP1 損保ジャパン日本興亜DC証券の
個人型確定拠出年金
「ハッピーエイジング401kプラン」
 のご案内

TOP2 iDeCo LOGO
「イデコ」は、個人型確定拠出年金の愛称です。

TOP3-4-5 個人型確定拠出年金とは
国の税制優遇のもとに、自分で拠出した掛金を、加入者が自ら商品を選んで運用し、原則60歳以降になったときに給付を受ける年金制度です。拠出する金額は確定している一方、将来の受取り額は自分の運用結果によって変動します。

TOP3-4-5 公務員の方も、主婦の方も。
法律の改正により、2017年1月からは、いままでの民間サラリーマンや自営業者等の方以外に、公務員の方やお勤めではない方も、個人型確定拠出年金に加入できることになりました。

TOP3-4-5 当社の個人型確定拠出年金の特徴
1社ですべてのサービスをご提供するわかりやすいサポート。グループ以外の投資信託もバランスよく組み合わせた20の運用商品で、自由自在に資産形成いただけます。

  • 老後生活のための準備 Open or Close


    ご自身がどのくらい年金を受取ることができて、ゆとりある老後の生活にはどのくらいの費用が必要なのか、理解しておくことが大切です。

    老後生活のための準備1
  • 個人型確定拠出年金とは Open or Close


    老後の生活の安定のために、税制優遇のもとで
    ご自身が拠出した資金を、ご自身の判断で運用し、
    その結果(年金資産)に応じて給付金を受取る制度です。

    個人型確定拠出年金とは1
  • 日本の年金制度と個人型確定拠出年金の位置づけ Open or Close

    日本の年金制度は以下のような構造になっています。確定拠出年金の位置づけは、公的年金(国民年金・厚生年金保険)への上乗せです。

    日本の年金制度と個人型確定拠出年金の位置づけ1
  • 加入対象者と掛金限度額 Open or Close

    国民年金の被保険者種別や企業年金等への加入状況によって、加入資格や掛金限度額が定められています。
    個人型確定拠出年金に加入できるのは以下の通りです。

    加入対象者と掛金限度額1
  • 個人型確定拠出年金の税制メリット Open or Close

    掛金拠出時、運用時、受取時の各段階で税制優遇が受けられます。

    個人型確定拠出年金の税制メリット1
    個人型確定拠出年金の税制メリット2
    個人型確定拠出年金の税制メリット3
  • 加入者向けサービス Open or Close

    加入者向けのサービスとして、損保ジャパン日本興亜DC証券が提供する下記のアンサーセンター(コールセンター)とアンサーネット(加入者専用サイト)がございます。

    加入者向けサービス1 加入者向けサービス2
    加入者向けサービス3 加入者向けサービス4
  • 個人型確定拠出年金における役割分担 Open or Close
    個人型確定拠出年金における役割分担1
  • 制度運営に係る手数料など Open or Close

    国民年金基金連合会、事務委託先金融機関、および運営管理機関の手数料は次のとおりです。

    (金額は消費税込です)

    加入者(拠出者) 運用指図者
    (または加入者で掛金の拠出がない月)
    給付 還付
    口座開設手数料 口座管理手数料 口座開設手数料 口座管理手数料 給付事務手数料 還付事務手数料


    国民年金基金連合会 2,777円 月額103円 2,777円 - - 1,029円
    事務委託先金融機関
    (信託銀行)
    - 月額64円 - 月額64円 432円 432円
    運営管理機関 - 月額324円 - 月額285円 - -
    手数料合計 2,777円 月額491円 2,777円 月額349円 432円 1,461円
    徴収方法 初回掛金または他制度からの移換金のいずれかから控除されます。 掛金から控除されます。 他制度からの移換金から控除されます。 毎月、資産残高から控除されます。 給付の都度、給付金から控除されます。 還付の都度、還付金から控除されます。

    ※詳細はスターターキットに同封されている「確定拠出年金制度と運用商品のご案内」にてご確認ください。

  • 加入手続きの流れ Open or Close

    加入する場合、運用開始までの流れは以下のとおりになります。

    加入手続きの流れ1 加入手続きの流れ2
  • 運用商品一覧 Open or Close

    ■元本確保型商品

    商品種類 運用商品名 商品提供会社 商品案内 利率実績
    損害保険   確定拠出年金傷害保険
      愛称:ハッピーエイジング・アニー
    損害保険ジャパン日本興亜 商品案内_ハッピーエイジングアニー 運用状況_ハッピーエイジングアニー

    ■元本確保型以外の商品(投資信託)

    商品分類 運用商品名 委託会社
    (運用会社)
    商品案内 運用実績 リターン実績
    バランス
    (資産配分固定型)
      ハッピーエイジング20 損保ジャパン日本興亜
    アセットマネジメント
    商品案内_ハッピーエイジング20 運用実績_ハッピーエイジング20 リターン実績_ハッピーエイジング20
    バランス
    (資産配分固定型)
      ハッピーエイジング30 損保ジャパン日本興亜
    アセットマネジメント
    商品案内_ハッピーエイジング30 運用実績_ハッピーエイジング30 リターン実績_ハッピーエイジング30
    バランス
    (資産配分固定型)
      ハッピーエイジング40 損保ジャパン日本興亜
    アセットマネジメント
    商品案内_ハッピーエイジング40 運用実績_ハッピーエイジング40 リターン実績_ハッピーエイジング40
    バランス
    (資産配分固定型)
      ハッピーエイジング50 損保ジャパン日本興亜
    アセットマネジメント
    商品案内_ハッピーエイジング50 運用実績_ハッピーエイジング50 リターン実績_ハッピーエイジング50
    バランス
    (資産配分固定型)
      ハッピーエイジング60 損保ジャパン日本興亜
    アセットマネジメント
    商品案内_ハッピーエイジング60 運用実績_ハッピーエイジング60 リターン実績_ハッピーエイジング60
    バランス
    (リスク・コントロール型)
      野村DC運用戦略ファンド
      愛称:ネクスト10
    野村アセットマネジメント 商品案内_ネクスト10 運用実績_ネクスト10 リターン実績_ネクスト10
    国内株式   インデックスファンドTOPIX(日本株式)
      愛称:DC TOPIX
    日興アセットマネジメント 商品案内_DC TOPIX 運用実績_DC TOPIX リターン実績_DC TOPIX
    国内株式   DIAM日本株式オープン<DC年金>
      愛称:技あり一本<DC年金>
    アセットマネジメントOne 商品案内_技あり一本 運用実績_技あり一本 リターン実績_技あり一本
    国内株式   損保ジャパン・グリーン・オープン
      愛称:ぶなの森
    損保ジャパン日本興亜
    アセットマネジメント
    商品案内_ぶなの森 運用実績_ぶなの森 リターン実績_ぶなの森
    外国株式   DC外国株式インデックス・オープン 三井住友トラスト・アセットマネジメント 商品案内_DC外国株式インデックスオープン 運用実績_DC外国株式インデックスオープン リターン実績_DC外国株式インデックスオープン
    外国株式
    (新興国株式)
      インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式
      愛称:DCインデックス海外新興国株式
    日興アセットマネジメント 商品案内_海外新興国株式 運用実績_海外新興国株式 リターン実績_海外新興国株式
    外国株式   朝日Nvest グローバル バリュー株オープン
      愛称:Avest-E
    朝日ライフ アセットマネジメント 商品案内_Avest-E 運用実績_Avest-E リターン実績_Avest-E
    国内債券   インデックスファンド日本債券
      愛称:DCインデックス日本債券
    日興アセットマネジメント 商品案内_DCインデックス日本債券 運用実績_DCインデックス日本債券 リターン実績_DCインデックス日本債券
    国内債券   野村日本債券ファンド(確定拠出年金向け) 野村アセットマネジメント 商品案内_野村日本債券ファンド 運用実績_野村日本債券ファンド リターン実績_野村日本債券ファンド
    国内債券   DCダイワ物価連動国債ファンド 大和証券投資信託委託 商品案内_DCダイワ物価連動 運用実績_DCダイワ物価連動 リターン実績_DCダイワ物価連動
    外国債券   ダイワ投信倶楽部外国債券インデックス 大和証券投資信託委託 商品案内_ダイワ投信倶楽部外国債券 運用実績_ダイワ投信倶楽部外国債券 リターン実績_ダイワ投信倶楽部外国債券
    外国債券
    (新興国債券)
      インデックスファンド海外新興国(エマージング)債券
      愛称:DCインデックス海外新興国債券
    日興アセットマネジメント 商品案内_海外新興国債券 運用実績_海外新興国債券 リターン実績_海外新興国債券
    その他
    (国内REIT)
      野村J-REITファンド(確定拠出年金向け) 野村アセットマネジメント 商品案内_野村J-REIT 運用実績_野村J-REIT リターン実績_野村J-REIT
    その他
    (海外REIT)
      DCダイワ・グローバルREITインデックスファンド 大和証券投資信託委託 商品案内_DCダイワ・グローバルREIT 運用実績_DCダイワ・グローバルREIT リターン実績_DCダイワ・グローバルREIT

    ■当資料は金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。損保ジャパン日本興亜DC証券が、各運用商品の主要な内容を一覧で表示するために作成したものであり、各商品の勧誘を目的とするものではありません。■運用商品選択にあたっては、別途、加入時に配布する資料等をご覧ください。■商品提供会社、委託会社、受託会社などの会社名称は「株式会社」等を省いた略称を使用しております。

  • 2018年1月の制度改正について Open or Close
    掛金の拠出については、従来は「毎月定額」でしたが、法律の改正により2018年1月から、新たに掛金額・拠出回数・拠出月を年単位で任意に指定することもできるようになりました。(これを掛金の「年単位化」といいます。)
    ここでは「年単位化」の概要と留意すべき事項をご案内いたします。

    2018年1月の制度改正について
    ■「年単位化(新しい方法)」についてのおもな留意点は以下のとおりです。
    @掛金の「年単位化」を利用するためには、「加入者月別掛金額登録・変更届」により、年間の拠出計画を事前に届出する必要があります。(従来どおりの「毎月定額」による納付の場合は、この届出の必要はありません。)
    A「年単位化」の場合の拠出限度額は、前年12月分〜当年11月分を1年とし、年間の拠出限度額にあまりがあっても翌年には繰り越すことはできません。
    B「年単位化」の場合、将来の加入対象月分の掛金を前納することはできません。(たとえば、2月納付は前年12月分と1月分の2か月分しか納付できません。)
    C「年単位化」の場合の掛金額の変更は、原則、拠出単位期間(前年12月〜当年11月)あたり、1回だけしか変更できません。
    D1年に複数の拠出区分期間を定める場合、2回目以降の拠出区分期間の限度額は、「12月から当該拠出区分期間の末日が属する月までの月数×1か月あたりの限度額-前拠出区分期間までに拠出した総額」となります。
    E数か月分の掛金をまとめて納付する場合の最低掛金額は、「5,000円×月数」となります。
    F11月分(12月26日引落し)の金額をゼロ円とする指定はできません。
    G拠出期間の途中で加入者資格を喪失した場合、当該拠出区分期間以降の掛金は拠出できません。
    H掛金を納付する予定に対して納付が行われなかった場合、その納付の対象となる月(期間)は、通算拠出期間、老齢一時金裁定時の勤続期間などの期間計算の対象外になります。届出の計画どおりに納付するようにご注意ください。
            
    ■掛金の「年単位化」の詳細については、「iDeCo公式サイト」の情報もご覧ください。   「iDeCo公式サイト」         

  • 2018年5月の制度改正について Open or Close
    ■中小事業主掛金納付制度

    iDeCo(個人型確定拠出年金)は、加入者ご本人が掛金を拠出する制度ですが、法律の改正により2018年5月から、中小企業(中小事業主)が掛金を上乗せして拠出することができるようになりました。この制度を中小事業主掛金納付制度と呼びます。この制度を利用することにより、中小企業は、企業型DC(企業型確定拠出年金)の制度を導入することなく、従業員の福利厚生を一定程度充実させることができます。また、中小企業は、この事業主掛金を損金に算入することができます。      

    中小事業主掛金納付制度を実施できる中小企業は、以下のすべての要件を満たしている必要があります。
    @従業員が100名以下であること。
    A企業型DC(企業型確定拠出年金)を実施していないこと。
    B確定給付企業年金を実施していないこと。
    C厚生年金基金を実施していないこと。(厚生年金基金は厚生年金とは別の制度です)
    D実施にあたり労使の合意があること。

    中小事業主掛金納付制度に関するおもな留意点は以下のとおりです。
    @ご本人の掛金に上乗せして拠出する制度のため、従業員がiDeCoの掛金を拠出せずに事業主掛金だけを拠出することはできません。
    A特定の従業員に不当に差別的な掛金額にすることは認められていません。
    B掛金の最低金額と限度額は、ご本人の掛金と事業主掛金とを合計した金額が、所定の範囲内である必要があります。
    C事業主掛金の金額変更は年1回しかできません。また、変更にあたっては、労使の合意が必要です。
    Dこの制度を利用する場合の掛金の納付は、ご本人の掛金と事業主掛金を、事業主が取りまとめて納付します。
    Eこの制度を利用するためには、地方厚生局・支局と国民年金基金連合会に所定の届出が必要です。
         
    中小事業主掛金納付制度の詳細については、「iDeCo公式サイト」の情報もご覧ください。   「iDeCo公式サイト」         


    ■自動的な資産の移換の拡充

    過去に企業型DC(企業型確定拠出年金)に加入されていた方が中途退職後6か月以内に転職先の企業型DCまたはiDeCo(個人型確定拠出年金)に資産を移す手続きをお忘れの方については、国民年金基金連合会で資産が管理されていますが、2018年5月以降に新たにiDeCoに加入された場合、国民年金基金連合会にこの資産が残っていることが確認された場合には、ご本人の手続きなく自動的にiDeCoに資産が移換されるようになりました。

    また、企業型DCに加入されていた方が中途退職後6か月以内に転職先の企業型DCまたはiDeCoに資産を移す手続きをされない場合、2018年5月以降は、国民年金基金連合会に資産が移管される前に、他のすべての企業型DCまたはiDeCoの口座の有無確認により、別の確定拠出年金口座が確認された場合には、ご本人の手続きなく自動的にその口座に資産が移換されるようになりました。

    これらの制度改正により、ご本人の手続きなくiDeCoの資産が増えることがあります。なお、資産の移換があった場合、当社のWebサービスで移換金額を確認いただくことができます。


    ■ポータビリティ(制度間の資産移換)の拡充

    iDeCo(個人型確定拠出年金)から他の制度への資産の移換は、他の運営管理機関のiDeCoへの移換か、もしくは企業型DC(企業型確定拠出年金)への移換しか認められていませんでしたが、法令の改正により2018年5月から、新たに確定給付企業年金への移換が可能になりました。

    転職先の確定給付企業年金にiDeCoの資産を移換する手続きについては、転職先の人事・福利厚生部門にご相談ください。

個人型確定拠出年金 資料請求 「イデコ」は、個人型確定拠出年金の愛称です。 iDeCo LOGO 資料請求 損保ジャパン日本興亜DC証券の個人型確定拠出年金 ハッピーエイジング401kプラン

加入手続きに必要な書類と資料「スターターキット」を郵送いたします。お気軽にご請求ください。入力いただく項目はこのページの項目だけで完結します。

資料請求はお電話でも受け付けております。アンサーセンター(コールセンター)までお問い合わせください。

損保ジャパン日本興亜DC証券 アンサーセンター 0120-401-648(通話料無料)
平日:午前9時〜午後8時  土日・祝日:午前9時〜午後5時  (年末年始、5/3〜5/5およびメンテナンス日は除く)

以下の項目に必要事項を入力し、個人情報の取扱いに同意のうえ、確認ボタンを押してください。(は入力必須項目です)

Step 1:入力画面 > Step 2:確認画面 > Step 3:完了画面

お名前
 姓   名 
◆必須 (全角で入力)
お名前(フリガナ)
セイ  メイ 
◆必須 (全角カタカナで入力)
性別
◆必須 (選択)
生年月日
  • 西暦  年 
  •  月   日
◆必須 (半角数字で入力)
郵便番号
  • -
◆必須 (半角数字で入力)
都道府県
◆必須 (選択)
市区町村
◆必須 (全角で入力)
丁目・番地・号
◆必須 (全角で入力)
ビル名
 任意 (全角で入力)
電話番号
  • -
  • -
◆必須 (半角数字で入力)
メールアドレス
◆必須 (半角英数字で入力)
国民年金の被保険者種別
◆必須 (選択)
他の確定拠出年金からの
資産の移換の有無
◆必須 (選択)
掛金の拠出の有無
◆必須 (選択)
個人情報の取り扱いに関する事項
  損保ジャパン日本興亜DC証券株式会社
当社は、資料請求フォームにご入力いただいたお客様のお名前・ご住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報を、資料送付・お問い合わせ対応のために利用するとともに、その取り扱いを当社の委託先に委託いたします。 当社は、本人の同意がある場合又は法令に基づく場合を除き、取得した個人情報を第三者へ提供することはありません。 当社は、資料請求フォームにおいてクッキーやウェブビーコン等を用いた、本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得は行っておりません。当社は、個人情報について開示または利用目的の通知、訂正、追加または削除、利用停止、消却または第三者への提供停止に応じます。「個人情報の開示等のご請求について」をご覧ください。
       
<個人情報に関するお問い合せ窓口> ご加入者サービス部アンサーセンター(管理者:個人情報担当)
お問い合わせフォーム:http://www.rk.sjnk-dc.co.jp/ja/formprivacy/ (携帯電話からはアクセスできません。)
<個人情報保護管理者> 個人情報保護統括責任者
<個人情報の開示等のご請求について>


上記の個人情報の取扱いに同意のうえ、確認ボタンを押してください。(確認画面に移ります)