戦略人事マネジャー塾 第5期 お申し込み

必ず、受講規約をご確認の上、ページ下部の「同意する」にチェックを入れて、「次へ進む」を押してください。

戦略人事マネジャー塾 第5期 受講規約

この利用規約(以下「本利用規約」といいます。)は、株式会社ICMG(以下「ICMG」といいます。)が提供する第5期生戦略人事マネジャー塾(以下「マネジャー塾」といいます。)に関する規約であり、マネジャー塾に申し込んだ者は、本利用規約の各条件を承諾することにより、本利用規約に則って、マネジャー塾の受講が可能となります。

当社は下記の諸条件を異議なく承諾したうえ、当社の従業員をマネジャー塾の受講者とすることに同意します。

1.ICMGが提供するサービスの内容
申込企業(以下「申込企業」といいます。)から申込みのあった受講者(以下「塾生」といいます。)に対するマネジャー塾の提供

2.マネジャー塾提供期間(契約期間)
2021 年 10月 1日 〜 2022 年 3月 31日

3.マネジャー塾の内容
・塾長であるICMG取締役八木洋介(以下「塾長」といいます。)、ゲストスピーカーなどによるプレゼンテーション
・塾長を交えた塾生全員でのディスカッション

4.費用
68万円(税抜)

5.各種条件
(1)契約形態
マネジャー塾に係る契約(以下「本契約」といいます。)は、成果物なしの準委任契約です。

(2)責任の制限
ICMGは、塾生がマネジャー塾を受講することによって、申込企業のビジネスに一定の成果がもたらされることを保証するものではありません。 本契約に係るICMGの損害賠償の範囲は、ICMGの故意又は過失により直接かつ現実に発生した通常損害に限られるものとし、ICMGが受領した費用金額を限度とします。

(3)開催中止または変更
ICMGは、塾生の人数、属性、担当業務等を総合的に勘案し、マネジャー塾の実効性を確保できないと判断した場合には、その開催を中止し、又は当初予定していたマネジャー塾の内容を変更することができるものとします。この場合、ICMGは遅滞なくその旨をマネジャー塾に申し込んだ者(以下「申込企業」といいます。)へ連絡します。マネジャー塾が中止された場合は、申込企業及びICMGは、相手方に対し、中止されたマネジャー塾に関して費用・報酬・補償金等名目のいかんを問わず、何らの請求もすることができないものとします。ICMGの都合により、当初予定していたマネジャー塾の時間・回数の増減が発生した場合、申込企業・ICMGにおいて上記費用を協議のうえ、改めての費用の金額を定めるものとします。なお、最少催行人数は15名を予定していますが、ICMGはこれに拘束される訳ではありません。

(4)契約の解除
ICMGは、申込企業が以下の事由に該当する事態が生じたときは、申込企業へ何らの通知催告なく本契約を解除し、マネジャー塾の受講を拒否することができます。

・本利用規約の各条件に違反したとき
・信用状態の悪化又はICMGに対して虚偽の情報を提供するなど不正の行為等が発生し、ICMGが本契約を継続しがたいと判断したとき
・暴力団等の反社会的勢力であること、又は反社会的勢力に関与・協力したことが判明したとき

(5)解除時の費用清算
前項に基づいてICMGが本契約を解除した場合、解除日までに提供されたマネジャー塾に対する費用及び立替経費ならびに解除に伴う合理的な費用の金額を申込企業・ICMG協議のうえ決定し、申込企業はICMGに対し協議のうえ決定した金額を遅滞なく支払うものとします。

(6)情報管理
・塾生がマネジャー塾で開示する情報については、申込企業自身が管理責任を負い、ICMGはその責任を負わないものとします。
・申込企業は、マネジャー塾において知り得た情報を第三者(申込企業の役員・従業員は除く)に提供することはできません。
・マネジャー塾のワークショップ等の様子を録音録画することは、ICMGの同意がない限り行うことができません。
・申込企業は、ICMGが撮影したマネジャー塾の写真・映像が、ICMGの広報活動において使用されることを承諾し、自らの権利を主張してこれに異を唱えることはいたしません。

(7)知的財産権
ICMGがマネジャー塾で提供する文書、印刷物、ノウハウ、アイディア等(以下「本件資料等」といいます。)に関する著作権又はその他一切の知的財産権は、全てICMG又は第三者に帰属します。申込企業は、これらの権利を侵害する一切の行為をおこなってはなりません。また、ICMGは申込企業に対し、これらの権利の全部又は一部を譲渡・使用許諾するものではありません。

(8)競業の禁止
申込企業は、マネジャー塾の提供によって知り得たICMGの一切の情報、ノウハウ、アイデアを業として第三者に提供しないものとし、本契約終了後もこれを遵守します。

(9)特約条項
・申込企業は、塾生をマネジャー塾に全て出席させたうえ、主体的に取り組むよう働きかけを行いますが、やむを得ず塾生の出席が難しくなった場合、速やかにICMGに連絡しなければなりません。
・マネジャー塾は、塾生がプログラム通り参画することで実効性が担保される設計にしているため、申込企業は、出席が困難になった塾生の代わりの者を本件マネジャー塾に参画させることはできません。
・マネジャー塾受講開始後、申込企業又は塾生の都合により、ワークショップ及びコーチングの各回数・各時間が減少したり、マネジャー塾の受講を取りやめても、ICMGは減少分又は取りやめた分に相当する費用は返還いたしません。
・マネジャー塾の受講希望者が多数にのぼった場合は、抽選にて塾生を決定します。
・第4回ワークショップ(Leadership Journy in モンゴル 以下「第4回ワークショップ」という。)は、モンゴルで行う4日間のワークショッププログラムです。申込企業は、ICMGが別途用意する参加誓約書の内容に同意し、これに署名押印のうえICMGに提出します。参加誓約書の提出がない塾生は、第4回ワークショップを受講することはできません。なお、第4回ワークショップ受講のために要する交通費は、前記「4費用」には含まれておらず、別途、申込企業が負担します。また、申込企業又は塾生の都合・判断により、第4回ワークショップのみを受講しない場合であっても、費用の返還・減額はいたしません。

6.支払条件
・ICMGは、申込企業によるマネジャー塾への申込を確認した後、申込企業に対し、上記費用に係る請求書を送付します。申込企業は、請求金額を請求月の翌月末日までにICMG指定の銀行口座に振り込んで支払います。なお、振込手数料は申込企業の負担とします。
・立替経費(宿泊費、食事費、交通費、等)が発生する場合、申込企業はICMGから請求を受けた日から30日以内にICMG指定の銀行口座に振り込んで支払います。振込手数料は申込企業の負担とします。

以上

上記の利用規約に
ご登録される情報は、暗号化された通信(SSL)で保護され、 プライバシーマークやISO27001/JIS Q 27001, ISO20000-1, ISO9001の認証を取得している 株式会社パイプドビッツによる情報管理システム「スパイラル」で安全に管理されます。